•  KMC基本情報受験講座2019のテキスト学習講座は7月1日に開講しました。

     テキスト学習講座に関連する講座は、午前問題学習講座、午後問題学習講座の各講座です。基本的な知識をテキスト学習講座で習得し、午前問題学習講座、午後問題学習講座の演習問題を繰り返し学習することによって理解度が深まり、実力が養成されます。

     学習スケジュール、学習内容に関する毎週の詳細情報については各講座のページの情報を参照して下さい。 受験テキスト一覧表、 基本情報学習講座2019詳細日程は次の資料を参照して下さい 。
            ◇受験テキスト一覧表
            ◇基本情報学習講座2019詳細日程

     基本情報受験講座の学習スケジュールは次のページを参照して下さい。
            基本情報受験講座2019学習日程

今週の学習テーマ 1月20日更新

●技術要素 ネットワーク TCP/IP(txt030323)
●技術要素 ネットワーク インターネットサービス(txt030324)

●技術要素 セキュリティ 暗号化技術(txt030421)
●技術要素 セキュリティ アクセス制御(txt030422)
●技術要素 セキュリティ 電子認証システム(txt030423)
●技術要素 セキュリティ ファイアウォール(txt030424)

●開発技術 開発品質とCASE(txt040411)
●開発技術 開発組織と開発管理(txt040412)
●開発技術 システムの移行・運用管理(txt040413)

次回更新日 2月

今週の学習着眼点

●技術要素 ネットワーク TCP/IP
 TCP/IPプロトコルとその特徴、IPプロトコル、サブネットワーク、ルータによるパケットの中継、TCPプロトコル、関連するプロトコルなどについて学習します。IPプロトコルでは、IPアドレスの4クラス、Ver6とVer4との差異、サブネットワークでは、サブネットマスク、CIDR、プライベートアドレス、NAT・IPマスカレードについて整理します。ルータによるパケット中継では、IPルーティングの機能、ARPの機能、ICMPの機能、ルーティングテーブルについて学習し、演習します。TCPプロトコルでは、TCPのコネクションの確立、ポート番号とソケットの機能、シーケンス番号、UDPなどについて学習します。関連するプロトコルでは、DNSサーバ、DHCP、マルチキャスト、PPPなどについて整理し、演習します。

●技術要素 ネットワーク インターネットサービス
 インターネットサーバ、電子メールサーバ、Webアクセスサーバ、SSLサーバ、インターネット接続サービス、関連するサービスについて学習します。電子メールサービスでは、メールサーバ、SMTPとPOP、Webアクセスサーバでは、HTTPとその仕組み、HTMLについて、SSLサービスでは、SSLの暗号化、SSL通信の仕組み、SSL通信での相手認証について学習し、演習します。

●技術要素 セキュリティ 暗号化技術
 暗号化の利用目的、暗号の原理、秘密鍵方式、公開鍵方式などについて学習します。暗号化の利用目的では、守秘、認証、アクセス管理について、暗号の原理では、換字暗号と転置暗号、XOR演算、ストリーム暗号、ブロック暗号、一方向性関数、ハッシュ関数などについて学習し、演習します。秘密鍵方式では、DES暗号、AES暗号、公開鍵方式では、RSA暗号について学習し演習します。

●技術要素 セキュリティ アクセス制御
 ネットワークへの不正侵入、アクセス管理、アクセス制御技術、オレンジブック、ユーザ管理、ユーザID、パスワードなどについて学習します。ネットワークへの不正侵入では、代表的な不正侵入の方法、不正アクセス対処法について学習します。アクセス管理では、アクセス権について、アクセス制御技術では、アクセスをブロックする部位による分類、アクセスマトリックスについて整理します。

●技術要素 セキュリティ 電子認証システム
 認証方式の基本原理、ユーザ認証技術、電子認証システム、公開鍵基盤などについて学習します。認証方式の基本原理では、平文認証、チャレンジ・レスポンス認証、ワンタイムパスワード、デジタル署名、ハッシュ値とハッシュ関数などについて学習し、演習します。ユーザ認証技術では、ユーザ認証技術の分類、生体認証、リモートユーザ認証などについて学習し、演習します。電子認証システムでは、認証局について、PKIでは、認証の手順について学習し、演習します。

●技術要素 セキュリティ ファイアウォール
 ファイアウォールの機能、静的フィルタリングの機能、動的フィルタリングの機能、各種ファイアウォール、仮想プライベートネットワーク、PPTPとIPsecについて学習します。

●開発技術 開発品質とCASE
 ソフトウェアの品質、品質評価法と信頼度成長モデル、開発工程におけるデザインレビュー、ウォークスルーとインスペクション、CASEの機能と種類、開発用CASE、保守用CASE、開発・保守のエンジニアリング手法などについて学習します。ソフトウェアの品質では、品質特性の種類と内容を整理します。品質評価法では、信頼度成長モデルの種類、エラー植え付けモデルについて学習します。開発工程でのデザインレビューでは、レビューの目的と作業内容、デザインレビューの方式、ウォークスルーとインスペクションの比較などについて学習します。CASEでは、CASEツールの種類、CASEが提供する機能について整理します。エンジニアリング手法では、リエンジニアリング、フォワードエンジニアリング、コンカレントエンジニアリング、リバースエンジニアリンクなどについて学習し、演習します。

●開発技術 開発組織と開発管理
 開発組織と体制、ソフトウェアライフサイクル、能力成熟度モデル統合、プロジェクト管理、プロジェクトスコープ管理、ステークホルダ、プロジェクトコスト管理、ソフトウェアコストの見積、開発コストモデル、開発工程の管理、進捗管理、調達マネジメントなどについて学習し、演習します。

●開発技術 システムの移行・運用管理
 システムの導入、システムの移行、運用管理、資源管理、構成管理・変更管理、データ資源管理、データの保全、システムの保守作業、保守体制、保守の形態、ソフトウェアの保守、アウトソーシング、バスタブ曲線、障害管理の目的、障害管理の作業、障害情報の種類、システムの安全対策などについて学習し、演習します。

前回までの学習テーマ

●コンピュータシステム システム構成 システムの性能(txt020211)
●コンピュータシステム システム構成 システムの性能評価(txt020212)
●コンピュータシステム システム構成 システムの信頼性(txt020221)
●コンピュータシステム システム構成 システムの処理形態(txt020231)
●コンピュータシステム システム構成 クライアント/サーバシステム(txt020241)
●コンピュータシステム ソフトウェア オペレーティングシステム(txt02025 1)
●コンピュータシステム ソフトウェア ジョブ管理・タスク管理(txt020252)
●コンピュータシステム ソフトウェア 記憶管理(txt020253)
●コンピュータシステム ソフトウェア データ管理(txt020261)
●コンピュータシステム ソフトウェア ファイル編成法(txt020262)

●技術要素 データベース データベースシステム(txt030211)
●技術要素 データベース データベース管理システム(txt030221)
●技術要素 データベース 障害回復機能(txt030222)
●技術要素 データベース データベースの設計(txt030231)
●技術要素 データベース データ正規化(txt030232)
●技術要素 データベース 定義機能と整合性制約(txt030233)
●技術要素 データベース 分散データベース(txt030241)
●技術要素 データベース SQL言語の機能(txt030251)
●技術要素 データベース 表の定義と操作(txt030252)
●技術要素 データベース 副照会と結合(txt030253)

●技術要素 ネットワーク 通信技術の基礎(txt030311)
●技術要素 ネットワーク ネットワークの構成(txt030312)
●技術要素 ネットワーク 伝送制御と誤り制御(txt030313)
●技術要素 ネットワーク OSI参照モデル(txt030314)
●技術要素 ネットワーク 電気通信サービス(txt030315)
●技術要素 ネットワーク LAN(txt030321)
●技術要素 ネットワーク イーサネット(txt030322)

●技術要素 セキュリティ 情報セキュリティとリスク管理(txt030411)
●技術要素 セキュリティ ISMS(txt030412)
●技術要素 セキュリティ コンピュータウィルス(txt030413)

●開発技術 システム企画・開発(txt040111)
●開発技術 開発モデルと構造化手法(txt040112)
●開発技術 オブジェクト指向とUML技法(txt040113)
●開発技術 ソフトウェア設計(txt040211)
●開発技術 コード設計(txt040212)
●開発技術 モジュール設計(txt040213)
●開発技術 プログラミング(txt040311)
●開発技術 プログラムの実行(txt040312)
●開発技術 プログラムのテスト(txt040313)

 この欄に記載以外のテキスト学習教材の参照は「基本情報受験学習」のページを使用して下さい。

関連情報

午前問題学習講座
  テキスト学習講座の関連内容の午前問題集の演習学習が受講できます。